『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
ムーラン・ルージュ
0

    総合評価点: 83 点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★★★★
    重さ、シリアス度 :★★
    音楽のジャンル :ロック、ジャズ、ポップス
    時代設定 :1900年ころ
    舞台設定 :パリ

     

    フレンチ・カンカンで有名なパリのキャバレー「ムーラン・ルージュ」1899年に建てられ、現在も観光地化されたパリの名所の一つになっているらしいです。映画化は何度もされているみたいで、今作は、2001年制作のアメリカ映画です。ストーリーは、割と単純な、踊り子と劇作家のラブストーリーです。

    しかしメチャクチャ絢爛豪華なセットと、ふんだんなCG処理と早い展開、派手な楽曲投入には、面食らってしまいました。

    殆どがロックです。ビートルズ、マドンナ、ポリスにキッスの曲まで使われていました。

    また主演のお二人が、実際に唄ってるそうなんですが、これが上手いのなんの!
    女優の方は、いまやスーパースター「ニコール・キッドマン」いや〜べっぴんは、やっぱりお得です!

    よくハリウッドの映画賞なんかの中継で、夫婦で映ってるのを見ませんか?

    2番めの旦那さん、イケメンなんだけどちょっとニコールより、背が低いんです。

    わたくしイチオシのカントリー歌手「キース・アーバン」お二人とも、アイルランド系オーストラリア人。すんません余談で?
    この映画のテーマというか、この時代のパリの空気なのかよく解りませんが「ボヘミアン」という言葉がよく出てきました。

    芸術家や作家、伝統や習慣に囚われないアウトローが、自由奔放に生きる様ということなんでしょうか?

     

    ちなみに、私の3つあるブログのタイトルの一つは「ボヘミ庵」です。

     

    | フランス | 11:42 | comments(0) | - | ↑TOP
    永遠のジャンゴ
    0

      総合評価点: 88 点(100点満点中)
      楽器、歌のリアル度:★★★★
      笑い、オフザケ度  :ナシ
      重さ、シリアス度  :★★★★★
      音楽のジャンル :ジプシー・スウィング
      時代設定 :1943年〜1945年
      舞台設定 :フランス

       

      舞台は第二次世界大戦中ドイツ占領下のフランス。

      主人公は、ロマ(ジプシー)出身、実在したギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」
      ジャズ・ギターの第一人者と言っても過言ではないと思います。

      初期のジャズでは、ソロ楽器としては存在感のなかったギターを表舞台に引き出した功労者でもあります。

      しかも弦を押さえる4本の指のうち2本に火傷故の障害があり、ほとんど2本で弾いているんです!
      ナチスドイツのユダヤ人に対する悲惨なホロコーストは有名ですが、かなりの数のロマの人達も収容所で虐殺されたそうです。

      この映画では、そのことに焦点を当てて描いていました。
      なぜユダヤ民族やロマの人達は、人類歴史数千年の間迫害され続けたのか?

      トランプさんは、なぜイスラエルの大使館移転をこの時期にやったのか?
      ここ4・5年、私の自主音楽研究の最大のテーマが「ユダヤ民族のディアスポラと流浪の民ロマの音楽が現代音楽に与えた影響」なんです?ナンノコッチャとお思いでしょうが、私はいい線いってるんじゃないかとほくそ笑んでおります。

      ご興味がお有りでしたら「ロック・バカの良質音楽考」と言うブログを覗いてみてください。

      | フランス | 09:25 | comments(0) | - | ↑TOP
      コーラス
      0

        総合評価点: 89 点(100点満点中)
        楽器、歌のリアル度:★★★★★
        笑い、オフザケ度  :★★
        重さ、シリアス度  :★★★
        音楽のジャンル :クラシック
        時代設定 :1950年ころ
        舞台設定 :フランスの田舎町

         

        主人公は、冴えない禿頭(失礼)の舎監兼教師マチューと、訳あって親と暮らせない子ども達。

        この子たちが、可愛いんだけど手に負えない悪童達。

        元々居た教師や校長は、強権的な教育しか行っておらず殺伐とした雰囲気満載の寄宿舎兼学校が舞台です。
        マチュー先生は、音楽家としての夢破れてここにやってきたんだと思われます。音楽の授業なんてこの学校に無かったのに、校長に内緒でコーラスの指導を始めます。

        スポーツ映画や音楽映画で、よくあるパターンの展開ですがマチュー先生の人柄と子ども達のキャラクターが魅力的で、とても素敵な映画です。有名な人の話ではなく、市井の人を取り上げた物語が私の好みとするところです。
        マチュー先生のお陰で、音楽と出会って人生が変わっていった子ども達が居るということ、

        子ども達のお陰で自分自身も今一度音楽の夢が見れたマチュー先生。

         

        私もこの地域で、マチュー先生のような存在に少しでも近づけたらと思う今日このごろです。

        | フランス | 10:15 | comments(0) | - | ↑TOP
        レ・ミゼラブル
        0
          総合評価点:91点(100点満点中)

          楽器、歌のリアル度:★★★★★
          笑い、オフザケ度 :ナシ
          重さ、シリアス度 :★★★★★
          音楽のジャンル :ポップス(ミュージカル)
          時代設定 :1810~30年ころ
          舞台設定 :フランス

           

          有名で、何度も映画化や舞台化された作品です。

          だからこそ、あまり好みではなかったんですが・・・・

          有名なだけに興味もあって、なんとか頑張って観終わりました。

           

          スケールは、とんでもなくスゴかった!

          フランスが舞台なのに、英語で歌ったり喋ったりが違和感がありました。

           

          | フランス | 11:28 | comments(0) | - | ↑TOP
          情熱のピアニズム
          0

            総合評価点:89点(100点満点中)
            楽器、歌のリアル度:★★★★★
            笑い、オフザケ度 :★★
            重さ、シリアス度 :★★★★★
            音楽のジャンル :ジャズ
            時代設定 :1930年ころ
            舞台設定 :フランス、アメリカ

             

            フランス出身でアメリカでも活躍した

            身長1メートルしかないピアニスト「ミシェル・ペトルチアーニ」の

            すばらしくも人間臭いドキュメンタリーです。

            | フランス | 09:32 | comments(0) | - | ↑TOP
            僕のスウィング
            0

              総合評価点:85点(100点満点中)
              楽器、歌のリアル度:★★★★★      
              笑い、オフザケ度 :★★         
              重さ、シリアス度 :★★★        
              音楽のジャンル  :ジプシー(ロマ)音楽
              時代設定     :1980年代?
              舞台設定     :ストラスブール

              ロマの映画と言えばトニー・ガトリフ監督ってすぐ思いつきます。
              ストーリーや脚本のことは、あまり考えて観てはいけません。
              音楽に身を委ねて観てください。

              チャボロ・シュミットというギター弾きが出演してます。
              ミュージシャンなんですが、演技に見えないロマらしさが最高です。
              ジャンゴ・ラインハルトのお弟子さんになるんですかね?
              弟子じゃないみたいですが、ジャンゴの血と技を受け継いでるような
              プレーヤーということなんでしょうね。
               
              | フランス | 10:00 | comments(0) | - | ↑TOP