『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
炎のジプシーブラス
0

    総合評価点::96点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★★
    笑い、オフザケ度 :★★★★★
    重さ、シリアス度 :★★
    音楽のジャンル :ロマ系ブラス・バンド
    時代設定 :2000年ころ
    舞台設定 :ルーマニア

    ドキュメンタリー

     

    放浪の民ジプシー(ロマ)ってご存じですか?
    千年以上も前から、インド北部から放浪、移住、定住を繰り返し、現在はヨーロッパ各地に定住しています。ユダヤ民族の迫害は、よく知られていますが、ロマの人達への各地での差別・迫害、そして貧困から来る犯罪は、現在のヨーロッパではかなりの問題になっています。
    しかし、こと音楽に関しては、かなりの影響を世界中に及ぼしているように私は思います。よく知られているのがスペインのフラメンコ、スペインではロマのことをヒターノと言うそうです。ヒターノがフラメンコを生み出したと言っても過言ではないそうです。
    この映画の舞台は、ルーマニアの400人ほどしか住民がいない田舎町です。この町の男の人の殆どは、管楽器が吹けるんだそうです。そのテクニックと迫力に圧倒されます。普通のおじちゃんが、吹きまくります!そしてちょっと悲しい旋律が、ググッとハートに来てしまうんです。
    鹿児島でも盛んな吹奏楽をやっている小・中・高校生に、ぜひ観てほしい超:オススメの映画です。

     

    | ルーマニア | 10:55 | comments(0) | - | ↑TOP