『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
戦場のピアニスト
0
    総合評価点:88点(100点満点中)

    楽器、歌のリアル度:★★★★★      
    笑い、オフザケ度 :ナシ       
    重さ、シリアス度 :★★★★★        
    音楽のジャンル  :クラシック
    時代設定     :1930~1945年ころ
    舞台設定     :ワルシャワ

     

    ポーランド出身のユダヤ系ピアニスト「ウワディスワフ・シュピルマン」という方の書いた「ある都市の死」という自伝が原作の映画です。ナチスドイツの悲惨なユダヤ人迫害がテーマですから、映画自体は重苦しくて、観るのには、かなりの気合がいります。しかも2時間半。監督もユダヤ系のロマン・ポランスキー。ポランスキー自身も、もし亡くなって棺桶に一本だけ自分の撮った映画を入れるとしたら、この映画だと言ってるそうです。御年85歳。
    演奏シーンは、少ないです。しかし素晴らしいピアノの演奏は、音楽の持つ力を教えてくれます。映画としては、素晴らしい作品です。
    戦争という愚かしい歴史、ユダヤ人は何故こうも不幸な運命に翻弄され続けるのか?考えさせられます。
    主人公シュピルマンの長男さん、この方もかなり数奇な運命をたどったみたいですね。日本に興味を持たれて日本近代政治思想史の教授として九州産業大学で数年前まで教鞭をとられていたそうです。奥様は日本人。
    日本語で執筆された「シュピルマンの時計」は、お父さんから譲り受けた時計で、なんと2003年には「何でも鑑定団」に出演されてるそうです。

    びっくりですね!

    | ポーランド | 09:53 | comments(0) | - | ↑TOP