『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
ラ・ラ・ランド
0

    総合評価点: 86点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★★
    重さ、シリアス度 :★★★
    音楽のジャンル :ジャズ
    時代設定 :2015年ころ
    舞台設定 :アメリカ ・ロサンゼルス

          ミュージカル

     

    映画の冒頭、いきなり渋滞の高速道路上で車に乗ってた人達全員が踊りだします。

    私ここで、一度この映画を観るのを断念しました。

    脳天気なシチュエーションについて行けそうもなかったんです。

    後日、気を取り直してもう一度チャレンジして観ました。

    割といい映画でした。アカデミー賞も沢山貰ったみたいですね。

    監督が、あの超スパルタ音楽映画「セッション」の方だというのがとても意外でした。

    内容は、女優を夢見オーデションを受けまくって、落ちまくっている女性と、

    ジャズが大好きだけれど、自分の好きな音楽では生活できてないイケメンピアニストの恋模様。

    望むものと叶うものは、往々にして違ってしまうという切ないところがいい感じで表現されていました。

    違ってしまっても、いや違ってしまったからこそ得られた幸せを感じている方もいるでしょう。

    私もその一人ですが?

    様々な今までの映画のオマージュや、オマージュされた作品の焼き直しだったりとコアな映画ファンには見どころが沢山あるらしいんですが、私にはよくわかりません。

    この監督がジャズ好きなんだな〜ということだけは、よく解りましたが・・・・。

     

    | アメリカ(ジャズ系) | 15:34 | comments(0) | - | ↑TOP
    ギター弾きの恋
    0

      総合評価点:72点(100点満点中)
      楽器、歌のリアル度:★★
      笑い、オフザケ度 :★★
      重さ、シリアス度 :★
      音楽のジャンル :マヌーシュ・ジャズ
      時代設定 :1930年ころ
      舞台設定 :シカゴ、ニュージャージー

       

      ジプシー・スウィング或いは、マヌーシュ・ジャズといわれる、

      主にジャンゴ・ラインハルトが生み出したと言われる音楽らしいです。

      ジプシー(ロマ)の人達の音楽が、

      世界中の音楽に何某かの形で影響を及ぼしているような気がします。

       

      この映画は、音楽映画というより恋愛映画って言ったほうが良いのかもしれません。

       

       

       

      | アメリカ(ジャズ系) | 09:37 | comments(0) | - | ↑TOP
      キングス・オブ・クレズマー
      0

        総合評価点:85点(100点満点中)
        楽器、歌のリアル度:★★★★★
        笑い、オフザケ度 :★
        重さ、シリアス度 :★★★
        音楽のジャンル :ユダヤ系ジャズ(クレズマー音楽)
        時代設定 :1900年ころ
        舞台設定 :フロリダ、ニューヨーク、ベルリン

         

        イディッシュ・ミュージック、アシュケナージ系ユダヤ人の音楽?

        ユダヤ人の音楽って・・・? 

        どんなんやろ~と思っていました。

         

        懐かしい感じを思い起こさせるフレーズ、

        テンポが速くなったり遅くなったりの自由さ

        これって、前回の「炎のジプシー・ブラス」とよく似てるな〜

        調べてみると、やはり区別がつかないぐらい近い音楽みたいです。

        ハンガリーやルーマニアには、たくさんのロマの人達がいます。

        何百年という単位で、音楽も融合していったってことでしょうね!

         

        アメリカに住んでいるユダヤ系移民の心のふるさとが

        クレズマーなんですね。

        | アメリカ(ジャズ系) | 09:46 | comments(0) | - | ↑TOP
        セッション
        0
          総合評価点:90点(100点満点中)
          楽器、歌のリアル度:★★★★      
          笑い、オフザケ度 :ナシ          
          重さ、シリアス度 :★★★★★        
          音楽のジャンル  :ジャズ、ビッグ・バンド系
          時代設定     :2010年ごろ
          舞台設定     :ニューヨーク

          ドラマーとして上を目指すために、
          音楽学校に通う生徒と鬼教師のお話です。

          物凄い緊張感と狂気が、この映画からは染み出しています。
          ありえない話なんでしょうが、
          自分でも楽器を上達するためにやってきたことを
          思い出すと、共感する部分も多いです。

          ちなみに、私もドラマーです。
          手のマメがつぶれたり、
          指がスネアのリムに当たって血だらけになったこともあります。
          足の裏にも直径5センチ位の水ぶくれが出来たこともあります。

          この映画と近い空気感があるのが、
          ドイツの映画「4分間のピアニスト」ですね。
          どちらも好きな感じです。
           
          | アメリカ(ジャズ系) | 11:34 | comments(0) | - | ↑TOP
          ブルーノート物語
          0
            総合評価点:85点(100点満点中)
            楽器、歌のリアル度:★★★★★      
            笑い、オフザケ度 :ナシ          
            重さ、シリアス度 :★★★        
            音楽のジャンル  :ジャズ
            時代設定     :1930年代~現代
            舞台設定     :アメリカ、フランス、ドイツ
            ドキュメンタリー

            アメリカのジャズ史上でもっとも重要な位置を占める
            ジャズレコード・レーベルと言えばいいんでしょうか?

            私もともとロック畑なんで、ジャズは詳しくはないんですが、
            やはり一目置くべき存在として認識しております。

            この映画は、1930年台から始まるブルーノート物語の
            貴重な映像やインタヴューで構成されています。

            ドイツからの二人のジャズ好きの移民、
            アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフが、
            それぞれ独自の役割を全うして弱小レーベルに命を注ぎます。
            ふたりとも納得の行くまで良い演奏、
            より良い音作りにこだわってレコードを作っていってます。

            ミュージシャンの才能を見抜く力や、ジャケットのデザイン、
            ミュージシャンの写真の撮り方、等など
            色んな意味で、私自身勉強にもなりました。
            そして、よりブルーノート・レーベルの
            成り立ち、二人のジャズに対する愛情が伝わってくる
            映画として心に残りました。
             
            | アメリカ(ジャズ系) | 10:39 | comments(0) | - | ↑TOP