『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
<< 戦場のピアニスト | main | ストリート・オーケストラ >>
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
0

    総合評価点: 84点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★
    重さ、シリアス度 :★★★★★
    音楽のジャンル :ロック
    時代設定 :1980〜1990年ころ
    舞台設定 :東ベルリン、アメリカ

     

    昨年末に、何故か異常に話題になった音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」ご存知でしょうか?

    1970年台後半に活躍したイギリスのスーパーバンド「クィーン」のボーカリスト「フレディ・マーキュリー」の物語です。

    フレディ自身はHIVに感染し、45才で短すぎる生涯を終えました。

    インド系ゾロアスター教徒の両親を持ち、性的には両性愛者であったそうです。世界的なロック・スタートしては、触れてほしくない面を持ちながらの活動は、葛藤が多かったと想像します。
    前段が長くなりましたが「ヘドウィグ」というこの映画にも共通する世界観があるなと思いました。

    主人公は冷戦下の東ベルリンで男として生まれて、数年間アメリカ兵の父から性的におもちゃにされます。

    成人になってから性的に女になるために手術を受けるも失敗して、取らなきゃいけないものが1インチだけ残ってしまいます。
    その状態でアメリカに渡りロック歌手を夢見るんですが、うまくいきません。

    自分が男なのか女なのか?足りないものが何なのか?
    ベルリンの壁は崩壊したけど、自分の精神や肉体の壁は高いまんまなんです。

    世間様に対して、疎外感を持って生きなければならない人達に勇気を与えてくれる映画です。

     

    | アメリカ(ポピュラー系) | 11:31 | comments(0) | - | ↑TOP
    コメントする