『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
<< ストリート・オーケストラ | main | ボヘミアン・ラプソディ >>
ラ・ラ・ランド
0

    総合評価点: 86点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★★
    重さ、シリアス度 :★★★
    音楽のジャンル :ジャズ
    時代設定 :2015年ころ
    舞台設定 :アメリカ ・ロサンゼルス

          ミュージカル

     

    映画の冒頭、いきなり渋滞の高速道路上で車に乗ってた人達全員が踊りだします。

    私ここで、一度この映画を観るのを断念しました。

    脳天気なシチュエーションについて行けそうもなかったんです。

    後日、気を取り直してもう一度チャレンジして観ました。

    割といい映画でした。アカデミー賞も沢山貰ったみたいですね。

    監督が、あの超スパルタ音楽映画「セッション」の方だというのがとても意外でした。

    内容は、女優を夢見オーデションを受けまくって、落ちまくっている女性と、

    ジャズが大好きだけれど、自分の好きな音楽では生活できてないイケメンピアニストの恋模様。

    望むものと叶うものは、往々にして違ってしまうという切ないところがいい感じで表現されていました。

    違ってしまっても、いや違ってしまったからこそ得られた幸せを感じている方もいるでしょう。

    私もその一人ですが?

    様々な今までの映画のオマージュや、オマージュされた作品の焼き直しだったりとコアな映画ファンには見どころが沢山あるらしいんですが、私にはよくわかりません。

    この監督がジャズ好きなんだな〜ということだけは、よく解りましたが・・・・。

     

    | アメリカ(ジャズ系) | 15:34 | comments(0) | - | ↑TOP
    コメントする