『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
<< ボヘミアン・ラプソディ | main |
ムーラン・ルージュ
0

    総合評価点: 83 点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★★★★
    重さ、シリアス度 :★★
    音楽のジャンル :ロック、ジャズ、ポップス
    時代設定 :1900年ころ
    舞台設定 :パリ

     

    フレンチ・カンカンで有名なパリのキャバレー「ムーラン・ルージュ」1899年に建てられ、現在も観光地化されたパリの名所の一つになっているらしいです。映画化は何度もされているみたいで、今作は、2001年制作のアメリカ映画です。ストーリーは、割と単純な、踊り子と劇作家のラブストーリーです。

    しかしメチャクチャ絢爛豪華なセットと、ふんだんなCG処理と早い展開、派手な楽曲投入には、面食らってしまいました。

    殆どがロックです。ビートルズ、マドンナ、ポリスにキッスの曲まで使われていました。

    また主演のお二人が、実際に唄ってるそうなんですが、これが上手いのなんの!
    女優の方は、いまやスーパースター「ニコール・キッドマン」いや〜べっぴんは、やっぱりお得です!

    よくハリウッドの映画賞なんかの中継で、夫婦で映ってるのを見ませんか?

    2番めの旦那さん、イケメンなんだけどちょっとニコールより、背が低いんです。

    わたくしイチオシのカントリー歌手「キース・アーバン」お二人とも、アイルランド系オーストラリア人。すんません余談で?
    この映画のテーマというか、この時代のパリの空気なのかよく解りませんが「ボヘミアン」という言葉がよく出てきました。

    芸術家や作家、伝統や習慣に囚われないアウトローが、自由奔放に生きる様ということなんでしょうか?

     

    ちなみに、私の3つあるブログのタイトルの一つは「ボヘミ庵」です。

     

    | フランス | 11:42 | comments(0) | - | ↑TOP
    コメントする