『音楽映画』観ずに死ねるか!by カクタス小野

音楽をテーマにした映画を観た感想と、偏った評価?をしてます。
<< ラ・ラ・ランド | main | ムーラン・ルージュ >>
ボヘミアン・ラプソディ
0

    総合評価点: 88 点(100点満点中)
    楽器、歌のリアル度:★★★★
    笑い、オフザケ度 :★
    重さ、シリアス度 :★★★★
    音楽のジャンル :80年代ロック
    時代設定 :1972-1991年
    舞台設定 :イギリス・ロンドン

     

    1973年にデビューした「クィーン」という名前のロック・バンドのボーカリスト「フレディ・マーキュリー」の物語です。
    デビュー当時、女王陛下が鎮座し世界を蹂躙した大英帝国のバンドとして「クィーン」という名前をつけるというのは、すごい自信だと思いました。

    当時は、ロックの黄金時代。鳴物入りでデビューした、このバンドの評価は、世界的にはイマイチだったように記憶しています。日本では、結構受け入れられて、私も大好きなバンドの一つになりました。やはり彼らが、世界的なスーパースターになれたのは、4枚目のアルバム「オペラ座の夜」そしてこの中に入っている「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットのおかげでしょう。

    ロックバンドがオペラ?しかも複雑な展開で6分以上もある曲なんです。当時ヒット曲を生み出す流れとしてラジオ局で繰り返し流してもらうのが王道。曲をかける方も聴く方も、3分以内の曲が最も受けるのが定説。レコード制作会社も猛反対するが、常識を覆し大ヒット!これが1975年。

    主人公に関しては、もう一つ大きな話題?問題?があって有名なんですが?私が訝しく思うのは、昨年映画が公開されてからのメディアを含め、世間の方々の関心の高さ、しかもクィーンなんて曲さえも聴いたこともないよねって方々までも話題にされるのを見て、一体何なんだろうこの現象は?というのが正直、私のこの映画の感想なんです?あくまでも、私の感想です。
    世間の方々は「感動!感涙!」に浸っていただければいいと思います。

    この御時世に、過去の栄光あるバンドと音楽に光を当てたということが、この映画の最大の意義だと思います!

     

    | イギリス | 11:38 | comments(0) | - | ↑TOP
    コメントする